ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

腹腔鏡手術

みなさまは、「腹腔鏡手術」をご存知でしょうか。
腹腔鏡手術とは、お腹にあけた小さな傷から内視鏡や超音波メスを挿入し、画面に映し出されたお腹の中の映像を見ながら行う新しい術式です。
ワンちゃんやネコちゃんの避妊手術は卵巣と子宮を切除する手術で、これまでの手術では皮膚を大きく切開してお腹の中を目視する必要がありました。
しかし、腹腔鏡手術では10 mmほどの皮膚切開が2〜3箇所で済みますので、一般的な開腹手術に比べて小さな傷で手術が行えます。

腹腔鏡手術の特徴
 ・痛みが少なく、ワンちゃん、ネコちゃんにやさしい。
 ・手術中の疼痛軽減により麻酔が安定し、より安全に手術できる。
 ・手術の跡が小さいと、体調の改善が早く、細菌感染の危険性を減らすことができる。
 ・体調が良好なら手術当日に退院、ご家族のもとに帰ることが可能。
 (当院の避妊手術の入院は2日間)  
この症例は大型犬の避妊手術です。一般的な開腹手術での傷は赤線の範囲ですが、腹腔鏡手術により青線のように小さい傷で手術を終えることができました。
術後の回復も早く、手術当日に退院することができました。
退院後からよく歩き、元気な様子をみせてくれたそうです。
避妊手術を受けたいけれど、ご家族から離れての入院が心配。という方や、可能な限り痛みを少なくしてあげたい。といったご希望をお持ちの方は、お気軽に当院へご相談ください。

獣医師 村井