一般外科では去勢、避妊手術をはじめ、内科治療では改善できない疾病、外傷などに対して、手術を行います。
当院では安全性の高い麻酔器、モニターを使用し、いかなる状況にも対応できるスタッフ、入院体制を整えて対応しています。
ペットの外科手術で心配な点、不明な点がありましたらご相談下さい。

症状により以下の検査を行い、状態を把握します。

全血球計算

レントゲン検査

超音波検査

CT検査

主な手術は以下のようなものがあります。

去勢手術

避妊手術

子宮蓄膿症

帝王切開

歯科手術

皮膚形成

耳道外科

消化管内異物

臍ヘルニア

鼠径ヘルニア

会陰ヘルニア

門脈体循環シャント

耳血腫

肛門腺切除

会陰尿道瘻

チェリーアイ

義眼挿入術

膀胱切開

一般内科では全身的な異常についてを診察します。なんだか元気が無い食欲がない等の症状から、細かな症状までを幅広く診察致します。血液検査では一般的な検査からホルモンの異常を調べる検査、骨髄の検査等を行うことが可能です。急な症状からそういえば最近気になるというような症状まで、なんでもご相談下さい。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

最近元気がない

食欲が落ちている

たくさん水を飲む、尿の量が多い

よく吐く

体の毛がぬける

お腹が膨らんでいる

食べるのに痩せてきた

黄疸(皮膚色、粘膜色、尿等が黄色い)

蒼白(粘膜色が白っぽい)

主な検査は以下のとおりです。

全血球計算

血液化学検査

尿検査

X線検査

超音波検査

甲状腺ホルモン検査

副腎皮質ホルモン検査

CTスキャン

主な病名には以下のようなものがあります。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能亢進症

副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能亢進症

糖尿病

脂肪肝症候群

免疫介在性疾患

再生不良性貧血

骨髄疾患

整形外科で扱う疾患は運動器疾患とも呼ばれ、体を動かす骨格や関節、筋肉、神経などの疾患が含まれます。症状は足を痛がる、挙げてしまうという分かりやすいものから、動かない、跛行している、時々どこか痛がるというものまで様々です。近年では小型犬の室内飼いが増加していることに伴い、交通事故による外傷は減っていますが、膝関節の問題や、橈尺骨骨折(体格に対して細くて長い)などの疾患が増加しています。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

歩くときに足をかばっている(跛行といいます)

足を全くつかない

走り方が普通と違う

座るときに後ろ足を投げ出す

よく後ろ足を伸ばしている

整形外科では正しい診断はもちろんのこと、早期診断・早期治療も重要です。
そのためには視診・触診・レントゲン検査(場合によっては血液検査)が必要であることが多いですが、飼い主様の普段からの観察も大きな手がかりとなります。
それでも分かりにくい場合にはCT画像検査やMRI検査、関節鏡検査、超音波画像検査を行うことで診断につながるケースもあります。

主な検査は以下のとおりです。

歩行の観察、触診

レントゲン検査(場合によっては血液検査)

必要であれば神経学的検査、関節液検査、関節鏡検査、超音波画像検査

診断が難しい場合にはCT検査やMRI検査を行うこともあります。

治療法は日々進化を続けており、大学やセミナーなどでの情報収集を行っています。
当院ではオルソゴナルプレート(ダブルプレート)法やロッキングプレートなども取り入れています。1kg前後の超小型犬の骨折にも対応可能なものもあります。
最近ではPRPと呼ばれる多血小板血漿を関節内に注入する治療法も取り入れています。
早期治癒を目指し、今まで治療法がなかった慢性骨関節炎の治療にも用いることが出来ます。

術後にはバランスボールやウォータートレッドミル、レーザー温熱療法などを採用しています。
リハビリ専門の看護師も在中しており、早期回復を目指せるようケアいたします。

 

関節疾患

[膝関節]

膝蓋骨内方脱臼(滑車溝形成術、脛骨粗面転移術、縫工筋解放術、関節包縫縮術など)

前十字靭帯断裂(TPLO、ラテラルスーチャー・flo法)

[股関節]

股関節脱臼(トグルピン法、ワッシャー・ワイヤーによる固定法、大腿骨頭切除術)

レッグペルテス(大腿骨頭切除術)

[肩関節]

肩関節脱臼(上腕二頭筋腱転移術)

離断性骨軟骨症

肩関節固定術

[肘関節]

内側鈎状突起離断

肘突起癒合不全


骨疾患・神経疾患

橈尺骨骨折

骨盤骨折

中手骨・中足骨骨折

上腕骨骨折

大腿骨骨折

脛骨骨折

環軸椎不安定症

変性性腰仙椎狭窄症・馬尾症候群

椎体骨折

骨癒合不全

循環器科/呼吸器科では、心臓、肺、気管等の病気について診察します。症状としては下記にあるような息苦しさや咳についてを診療します。特に心臓病は症状が出る場合には既に重症化していることもあり、無症状の時期に診断し早期に対策するのが重要となります。呼吸器の病気と心臓の病気は非常に区別がつきにくい場合がありますので、セカンドオピニオンも含めてご相談下さい。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

疲れやすい

咳が出る

苦しそう

眠れない

倒れる

症状がなくても高齢である

呼吸時にガーガーと音が聞こえる

主な検査は以下のとおりです。

胸部X線検査

心電図(通常心電図と24時間)

心エコー検査

心カテーテル検査

管支内視鏡検査

CTスキャン

主な病名には以下のようなものがあります。

慢性変性性房室弁疾患(僧帽弁閉鎖不全)

肥大型心筋症

動脈管開存症

肺動脈狭窄症

心室中隔欠損

その他先天性心疾患

フィラリア症

肺高血圧症

気管支軟化症

肺炎

喉頭麻痺

近年、医療技術や予防医療の進歩によりペットの寿命が長くなっています。
それに伴い、高齢で発生しやすい腫瘍の発生も増加傾向にあります。
腫瘍は全身のあらゆる部位に発生し、触知可能な皮膚にできることもあれば、触知困難な胸の中や骨の内部などにも発生します。
発生する部位によって症状は異なり、無症状から下痢や嘔吐、食欲不振などといった非特異的なものまで様々です。

腫瘍を発見した場合、何の腫瘍なのか、どのくらい広がっているのか、転移しているのか、全身状態に影響を与えているのか、といった状態の把握が重要になります。
そのためには触診を始め、生検検査(細い針を腫瘍に刺し顕微鏡で見る針生検、部分的に切除する切除生検など)や、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡あるいはCT検査などの画像診断、血液検査などを組み合わせて考える必要があります。 それらを総合的に判断したうえで目的を決定し、治療を行います。治療には大きく分けて外科療法、化学療法、放射線療法があります。
腫瘍によっては外科の後に化学療法や放射線療法を行うこともあります。

当院では腫瘍Ⅰ種認定医が在籍しており、専門的な知識とともに最善な方法を模索することができます。また、CT検査装置を完備し、手術に役立てることも可能です。
腫瘍でお悩みのことがあればご相談ください。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

発生する部位によって症状は異なり、
無症状から下痢や嘔吐、食欲不振などといった非特異的なものまで様々

次のような検査を組み合わせて考えることで状態を把握します。

触診

生検検査(細い針を腫瘍に刺し顕微鏡で見る針生検、部分的に切除する切除生検など)

レントゲン検査

超音波検査

内視鏡あるいはCT検査などの画像診断

血液検査

神経科では脳や脊髄、あるいは末梢神経の障害によって引き起こされる意識障害や運動失調、麻痺、てんかん発作などの様々な症状を診療します。

お願い:

発作については、言葉での説明は困難なので、動画をお持ちいただくと判断の助けになります。
また、その場合は、大発作を起こす前の前兆の方が大事になります。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

突然全身を硬直させた後、バタバタと激しく足を動かす。その間呼びかけには反応しない(発作)

頭が左右どちらかに傾いている(斜頸)

いつもボーッとしていて、音や光の刺激にもあまり反応しない

光や音の刺激に過剰に反応して、筋肉が痙攣する

頭や耳を頻繁に掻いている

筋肉が一部痙攣している

ベロの動きが悪くなった、口が閉じられなくなった

夜中に鳴くようになった、徘徊する

突然怒るようになった

瞳孔が開いていて、よく物にぶつかる

筋肉が突然薄くなった

抱っこしたらキャンと鳴いて痛がって、震えている

足が動かなくなった

ご飯を食べたり遊んでいる時など、興奮すると力が抜けて倒れてしまう

ご飯時に鳥のように激しく頭をお皿に突っ込んで食べる

鼓笛隊のように足を大きく振って大げさに歩く

主な検査は以下のとおりです。

神経学的検査

血液検査

レントゲン検査

CT検査

MRI検査(大学病院や検査センターへの紹介になります)

主な病名には以下のようなものがあります。

特発性てんかん

脳腫瘍

脳炎

水頭症

脳梗塞

脳出血

脳奇形

脳代謝産物蓄積病

ラフォラ病

下垂体巨大腺腫

ナルコレプシー

痴呆

末梢神経鞘腫

脊髄腫瘍

椎間板ヘルニア

変性性脊髄症

脊髄梗塞

環椎軸椎関節異常

尾側後頭骨奇形症候群

脊髄空洞症

馬尾症候群

<椎間板ヘルニアの低侵襲手術:PLDDについて>

当院では犬の椎間板ヘルニアに対して、PLDD(日本語で“経皮的レーザー椎間板髄核減圧術”と言います)の施術を行っております。この治療はヒト医学領域では「日帰り椎間板ヘルニア手術」として確立されており、実績のある方法です(ただし、ヒトでは健康保険適応外です)。近年になって、安全性も含めて犬に対しても同様の治療が適応可能であることがわかり、一部の動物病院でも行われるようなりました。
本治療は椎間板にレーザーを照射(焼烙)することで椎間板の容積を減らし減圧をします。また、レーザー照射に伴い、脊髄への血行促進効果や疼痛緩和効果なども期待できます。

PLDDの特徴

一番の特徴は、体に大きな傷をつけずに椎間板による脊髄圧迫の減圧が可能な点です。
※内科的な治療法(痛み止めや安静など)では直接的な減圧はできません。
目立つ傷は無く(針穴のみ)、経過が順調であれば手術の翌日に退院することができます。
また、合併症発生率が低いことも特徴に上げられます。
さらに、通常の手術(椎弓切除術)では対応が難しい3か所以上の多発性の椎間板ヘルニアに対しても、複数か所同時に施術が可能です。
ただし、全身麻酔が必要となります(イメージとしては外科的手術と内科的保存治療の中間の方法)。

適応について

麻痺まで進行していない椎間板ヘルニアの症例に対して適応されます。
※麻痺まで進行しており歩行が完全にできない状態では椎弓切除などの外科的手術が優先されます。
特に多発性の椎間板ヘルニアで痛みやふらつきが症状の場合が良い適応となります。
最終的には症状と画像診断情報を総合して適応を判断します。

方法(全身麻酔下で行います)

まず針を刺す部位を剃毛・消毒します。皮膚を経由して目的の椎間板に針を刺入します。
※透視エックス線装置を用いてリアルタイムで針の位置を確認します。
刺した針をガイドにレーザーファイバーを通し、椎間板髄核内で照射を行います。
治療にかかる時間の目安は1か所あたり3-5分間程度です。

安全性について

これまで約30症例(60椎間以上、頚部と胸腹部両方含めて)施術を行いましたが、疼痛以外の重篤な合併症は経験しておりません。疼痛に対しては2種類以上の鎮痛剤を用いて対応します。
起こりうる合併症を以下に挙げます。
疼痛、出血、針刺入部位の感染、脊髄や神経根への誤照射など

注意点について

本治療法で最も大事なことは、あなたのペットが治療に適切な状態であるか否かを見極めることです。
そのため治療前には必ず施術者によるチェックを行います。
また、治療計画を立てるため必ずMRI検査もしくは脊髄造影CT検査の画像が必要です。
治療に関してのご相談は是非お気軽にしていただけたらと思います。


腎泌尿器科では、まず生命を維持する上で大切な腎臓の病気をはじめ、尿管〜膀胱〜尿道と排泄過程の病気、また、卵巣や子宮、前立腺や精巣といった生殖器に関連する病気に対応いたします。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

水をよく飲む、尿の量が多くなった、尿の色が透明に近い

排尿痛がある、よくトイレに通う、ふんばるが少ししか尿が出ない

そそうしてしまう、尿漏れがある、尿に血液のかたまりが混じる

真っ赤なおしっこが出る、おしっこがキラキラしている

痩せてきた、食欲がない、胃液を吐く、元気がない

次のような検査を組み合わせて考えることで状態を把握します。

血液検査、X線検査で最低限の全身状態をつかみます。

次に、超音波検査と尿検査を行います。この検査で各臓器の状態や尿の性状を見ることでほぼ診断ができます。

まれに上の検査ではわからない病気や、さらに詳細な状況が知りたい場合は、尿路造影をおこないます。 尿路造影には、静脈性に投与する場合と逆行性でカテーテルを用いて行います。

さらに上のような理由や手術前のチェックでCT検査を行うこともあります。

消化器内科では、急性的に下痢や嘔吐などの消化器症状を起こすものと長いあいだ症状が持続するような慢性的な疾患があります。
急性症状では、内科的な疾患なのか外科的な疾患なのか、見極めることが重要で、どちらにしても適切な診断と治療がおこなわれないと命にかかわる場合があります。また、慢性的な疾患でも消化器に関連する腫瘍など外科的な疾患の場合もあります。
内科的な消化器疾患には、摂取したものが原因で起こる胃腸炎や膵炎、細菌やウイルスによる感染症、基礎疾患があり2次的に消化器症状がでるものや自己免疫疾患、腫瘍など原因はさまざまです。

お願い:

来院の際は便や嘔吐物を持って来ていただくと判断の助けになります。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

少量の下痢を頻回にする

いきみがある

便に鮮血がつく、血便

多量の下痢便

下痢止めが効かない

便の色が黒い、便の色がうすい

便が小さくなった

慢性的な下痢

体重の減少

ドロドロになった食べ物を吐く

食べて短時間で吐く

空腹時に胃液を吐く

大量の液体を吐く

ぐったりしている

慢性的に胃液を吐く

食欲不振

次のような検査を組み合わせて考えることで状態を把握します。

血液検査とX線検査で全身状態を把握します。脱水の程度や電解質バランス、炎症の強さ、感染の程度などをみることができます

おうちでお薬を飲んで様子をみるレベルなのか入院して積極的な治療が必要なのかを判断し、飼い主さんと相談します。

消化管の閉塞が疑われる場合は超音波検査や造影剤を用いたX線検査をおこない、手術が必要なのかを精査します。消管の閉塞には、異物(梅干しの種、おもちゃ、トウモロコシの芯、ひも、タオルなど)や腫瘍、腹壁ヘルニア、他臓器の圧迫などがあります。

内科的な疾患でも重症な場合は、入院による治療が必要で超音波検査や膵炎の検査などをおこないます。

胃内異物や胃粘膜の病気、十二指腸粘膜の病気が疑われる場合は、内視鏡検査をおこないます。

胃腸に関連する消化器系の病気の場合(肝臓、胆嚢、十二指腸など)は、超音波検査や針生検、場合によってはCT検査をおこないます。

結腸や回腸の粘膜に病変が疑われる場合は、内視鏡検査をおこないます。

皮膚病は、症状も原因も様々であり、感染症、ホルモン異常、内臓や代謝の異常、腫瘍、免疫の異常、生まれつきの体質など多岐にわたります。皮膚の症状が、内臓の病気のサインであることもあります。

次の症状がひとつでも見られたら、なるべく早めにご来院下さい。
症状は組み合わさって出てくる事もあります。

かゆみ(どの辺りがかゆそうですか?)

赤み

腫れ(ブヨブヨしていますか?硬いですか?)

脱毛(一箇所だけですか?)

フケ(かゆみもありますか?)

ベタつき(においもありますか?)

ブツブツ

 

主な検査は以下のとおりです。

抜毛検査:病変部ないしその周囲の毛を抜いて被毛の状態、外部寄生虫の探索をします。

皮膚掻爬物検査:表皮を削り取り、外部寄生虫の探索をします。

直接鏡検法:病変部からスライドガラス、綿棒、セロハンテープなどで採材し、細菌や真菌、外部寄生虫の探索をします。

針生検:盛り上がった病変等に注射針を刺して吸引し、内容物を調べます。

細菌・真菌培養検査:病変部から採材し寒天培地などの培地を使って培養し、原因となっている細菌や真菌を特定します。

薬剤感受性試験:病変部から膿や分泌物を採取し、その中に含まれる細菌に対してどのような抗生剤が有効または無効であるかを調べます。

皮膚生検:病変部の皮膚組織を一部切り取り、専門の検査センターにて病理組織学的検査を依頼します。

血液検査:内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症など)やアレルギーに起因した皮膚のトラブルを疑う場合に実施します。(専門の検査センターに依頼するものもあります)

眼科疾患は日頃のペットとのふれあいの中で比較的発見しやすい疾患です。
またペットにとって視覚の有無は生活の質におおきくかかわってきます。
ペットの眼に異常がみられたら、なるべく早く眼科検査を行いましょう。

次の症状がある場合は、ご相談ください。

目が痛そう

白目が充血している

目が白くなっている

涙、目やにが多い

目が見えていなそう

目が凹んでいる、または突出している

眼科検査では、目の外貌や各種反応を観察することにより、大まかな目の異常を評価します。

細隙灯検査:拡大鏡やスリットを使用し肉眼では分かりにくい微細な異常を検査します

フルオレセイン検査:染色液を使用し、角膜に傷がないかを検査します。また、涙の排泄に異常がないかを確認します。

眼圧検査:眼圧が異常ないかの検査です。

眼底検査:網膜、視神経の形態異常がないかの検査です。

シルマーティアー検査:涙の量に異常がないかの検査です。

血液検査:全身性疾患により目に症状が出ることがあります

超音波検査:目の内部構造を検査します

超音波やX線などを使用して目に見えない体内の状態を目に見える形で表して診断していきます。

体内での音の伝わり方の違いを画像化し、心臓の形や動き、血液の流れなどを見たり、肝臓や腎臓、膀胱などお腹の中の臓器を観察できます。

心臓の中を流れる電気の動きを画像化し、不整脈や電気伝導路に異常がないかを観察します。

X線という放射線を使用し、放射線の通りやすさの差を画像化します。

レントゲンと同様に放射線を使用します。レントゲンより細かく、立体的に観察できるので肺や肝臓などにできた小さな腫瘍や転移などを発見することができます。動物でのCT検査は全身麻酔が必要になります。

磁力を用いて、骨で囲まれた脳や脊髄を観察することができます。MRI検査には全身麻酔が必要になります。 大学病院や検査センターへの紹介となります。