分院を中心とした[身近なかかりつけ医]では、飼い主様の気持ちに 添うことを第一に、異変に早めに気づくことを大切にします。
医療センターを中心とした[先進医療]では、高度な医療技術と設備により、 助けるための選択肢をひとつでも多く、より確実なものにします。
そして、双方の質の向上と密な連携により、真の安心を提供します。
これからも様々な分野の高度化に取り組み、総合医療センターを目指します。

ほんの少しの異変でも気軽に相談ができ、そして万一のときも先進の体制で安心を提供できる。
高度医療センターは、都心にこそ必要だと考えています。

都心で暮らす動物の生活環境は、日々人間に近づいています。
それにより、体力低下によるケガに加え、心臓病や癌、その他成人病といった人間と変わらない疾患を抱える動物が増えており、動物医療も人間と同等なレベルが求められる傾向にあります。
これまでは、人間の医療と異なり専科に分かれず1人の獣医師が多くの科を受け持っていましたが、専門医の必要性も高まりつつあります。
高度な医療に応えられる設備を備えるのは、一部の病院や大学病院に限られていました。また、かかりつけ医からの紹介状によって、それらを利用することができますが、まだまだ数が少ないため、受診までに時間がかかることで助からない命があることも現実です。
小滝橋動物病院グループでは、ほんの少しの異変でも気軽に相談ができ、そして万一のときには先進の体制で高度な医療を提供できる。そんな理想の病院を目指して、高度医療センターを開設いたしました。
“ひとつでも多くの命が救われるために”

診療案内
住  所
電  話
アクセス

駐 車 場
豊島区南長崎2-2-1
03-3565-6596
目白通り沿い「二又交番」
『南長崎二丁目』バス停そば
2台完備
病院に向かって左側の
コインパーキング内にあります。


診療時間
休 診 日
年中無休(年始を除く)
診療時間
午前9:00~12:00
午後4:00~7:00

心臓外科の開設

今まで心臓の手術は、大学病院や一部の専門病院でしか実施ができないものでしたが、このほど体制が整い、当院でも2016年夏より心臓の手術を受ける事が可能となります。
3年ほど前より準備を進めてまいりましたが、開心術をおこなうには高いハードルがいくつもありました。
術前から術後まで体の状態を正確に把握できる検査体制、麻酔医のレベル向上とシステム化、術中術後のあらゆる状況に対応できる医療体制、より早く正確に手術をおこなうための最新機器、そして手術をおこなう執刀医や助手のレベル向上。挙げれば他にもまだありますが、ようやく準備が整いました。
今まで助けられなかった命を、少しでも救いたい一心で、スタッフ一同取り組んでまいります。

高度で正確な検査体制

CT検査では、X線検査やエコー検査では、わからなかった部位や小さな病変を見つけることができます。
当院のCT装置は、16列0,5スライスでの撮影が可能ですので、短時間で微細な構造が観察できます。
また、新たに導入した超音波検査機器『GE社のe9』は、心臓に特化した超音波検査機器で、今までのものに比べ、より早く、より綺麗に心臓の状態を把握することができます。
それら最新鋭の機器により、状態の悪い子にとっては最小限の負担で検査を済ませることができますし、体の小さな子でも正確な診断をくだすことができます。
また、各分院はVPN(インターネットを活用した院内ネットワーク)で接続しているため、センター病院での画像検査の結果を分院にいる飼い主様に説明することも可能になっています。

専門医の存在

小滝橋動物病院では、皮膚科と腫瘍科、循環器科の各分野において、専門医による定期的な診察日を設けております。
専門家の知識と経験は、一般の獣医師とは明らかに差があります。
お困りの方がおりましたらご相談ください。
また、当院ではそれぞれの獣医師が得意な分野を探求し、大学病院や専門病院で勉強し、学会や勉強会に参加しております。
獣医師同士の連携も良いので、全体のレベル向上にもつなげています。
これからも様々な分野に対応できるように、専門家や獣医師を増やしていき、少しでも人間の医療に近づけたらと考えております。

毎週火曜日に腫瘍科の診察を行なっております。
腫瘍科専門外来
・日時:毎週火曜日
・担当医:杉山先生(獣医腫瘍科認定医)
近年、動物の高齢化が進み腫瘍での死亡率が高くなっています。 人間でさえ、人間ドックに行って初めて腫瘍が発覚したという話はよく聞きます。まして、言葉を話さない動物の病気を気づくのは難しいかもしれません。しかし、人間と同じように、なるべく早い発見が今後の治療、生活に大きく影響します。 腫瘍は、しこりが大きくなる固形がんと(外科手術で治療)、血液のがん(抗がん剤で治療)におおまかですが分かれます。基本的には外科と抗がん剤のコンビネーションで治療していきます。 腫瘍は進行します。様々な腫瘍によって検査法、治療法は異なり、まず、ステージ(進行度)を確実に診断することから始まります。これはTNM分類といって、各腫瘍によって分類の仕方が決まっています。そして、ベストな治療法を決定していきます。
【診断】
T:しこりの検査
N:リンパ節の検査
M:転移があるか、ないかを知るための検査
これらの順番にのっとって検査を進めていきます。
【一般身体検査】
血液検査、レントゲン検査、超音波検査など
腫瘍診断のため、これからの治療のために全身状態の把握はやはり最低限必要です。
【細胞診検査】
院内・・・・・・・・・・・・・・¥3,000〜
外注・・・・・・・・・・・・・・¥8,400〜
しこりに細い注射針を刺して、そこにどのような細胞が増えているか、 悪性なのか、良性なのかを判断します。
【病理検査】
trucut Biopsy・・・・・・¥9,000〜
専用の器具を使って、しこりの組織を見るための検査です。
パンチ生検・・・・・・・・¥5,000〜
さらに多くの組織を採ることができ、主に皮膚の腫瘍などに使われます。
ジャムシディ生検・・・¥8,000〜
特に固い組織(骨など)の組織を採材します。
*場合によっては鎮静、麻酔の場合があります。
腫瘍によっては免疫療法(本院で実施)が有効なもの、放射線療法が必要なものもあります。放射線療法が必要な場合は二次診療施設をご紹介させて頂いております。
早期発見、早期治療が根本的に腫瘍治療のスタンスです。わんちゃん、ねこちゃんは、何かしらのサインを私たちに伝えたいはずです。それを見逃さず、早期治療ができれば、もっと長く一緒に過ごすことができると思っております。
*価格は一例です。内容により変化することがあります。
杉山 大樹(すぎやまひろき)

2003年に麻布大学獣医学部を卒業し、なるかわ動物病院(三重県四日市市)等の勤務を経て現在はファミリー動物病院勤務(千葉県千葉市)。
趣味:釣り、フットサル、スキーなど。

【研修・研究歴】

・平成16年~平成20年
 麻布大学附属動物病院腫瘍科研修医
・平成20年~平成25年
 麻布大学附属動物病院特任教員
(腫瘍科、一般外科を担当)
・平成25年
 麻布大学獣医学部放射線教室研究生 現在に至る

【所属学会】

・日本獣医がん学会
 (副会長、認定医認定委員会副委員長)
・動物臨床医学会
・獣医麻酔外科学会

【その他】

・平成17年
 日本獣医がん研究会 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種 取得
・平成20年
 日本獣医がん研究会 獣医腫瘍科認定医Ⅰ種 取得

急性腎不全に血液透析

血液透析は体外循環を利用した腎代替療法です。
人間の医療では慢性腎不全の末期治療として普及しています。しかし、獣医療ではペットのために生涯にわたり血液透析をおこなうことは、費用的に非現実的であり、急性腎不全の救命に対しての使用が主な目的となります。(将来的に血液透析がペット保険の対象になれば、慢性腎不全に対しての治療にも使用しやすいでしょう)
血液透析は効率的に体内の尿毒症物質を取り除くので、内科治療に反応しない急性腎障害の救命率を格段に向上させることができます。また、レプトスピラ症やその他の細菌感染による敗血症性急性腎不全やエチレングリコールや腎毒性を起こす中毒などの治療報告もあげられていて、今後さらに活躍が期待される治療法です。
今まで内科治療で救命が難しかった動物の新しい治療選択肢を提供するとともに、今後の血液透析の普及に貢献したいと思います。
[人工透析の費用]
初日:108,000円
2日目以降:54,000円/日
※透析治療の離脱までには、通常数日以上かかります。 ※費用の半分程度が消耗品にかかる費用となります。

小滝橋動物病院 院長/獣医師
中村 泰治

得意とする科目:一般外科、腎泌尿器科、整形外科

師匠の教えである「見る・触る・聞く」の初心を忘れずに「異変にいち早く気づく」姿勢と大学病院で経験させてもらったような高度な検査や治療を両立することで、少しでも助けられる命を増やしていきたいと考えています。

獣医師/循環器専門医 センター長
井口 和人

得意とする科目:循環器科(認定医)、一般外科、一般内科

みなさんの大切な家族のために日夜仕事と勉強に勤しんでいます。 循環器の分野を得意としていますが、他に外科内科も幅広く診療しています。 重症例でも諦めずまずは相談いただければと思います。

獣医師
磯野 新

得意とする科目:一般外科、整形外科、腫瘍科(獣医がん学会Ⅱ種認定医)

早期発見、早期診断を心がけ、オーナー様と相談しながらペットにとってベストな治療法を提案できるよう努力していきます。

日本獣医生命科学大学 外科学研究室 整形外科研究生
Synthes Vet Spine Seminar 修了
Synthes Vet TPLO Seminar 修了
AOVET Course - Principle Techniques in Small Animal Fracture 修了
AOVET Course - Advanced Techniques in Small Animal Fracture 修了

獣医師
陶山 雄一郎

得意とする科目:循環器科、麻酔科、救急医療

丁寧な診察を心がけ、動物を救うことのみならず、飼い主の方の心まで癒せるよう日々努力をしています。 気になったことは何でも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

動物臨床医学会 所属
2019 The RECOVER Initiative hereby certifies 取得

獣医師
小薗江 亮太

得意とする科目:救急医療、一般外科、呼吸器

これまで、緊急医療から街のかかりつけ医まで、様々な経験をしてきました。適切なタイミングでの的確な見立てを心がけ、飼い主様に安心をご提供できるよう努めてまいります。

2018 The RECOVER Initiative hereby certifies 取得

獣医師
大竹 大賀

得意とする科目:脳神経科

2014年~日本獣医生命科学大学 放射線学教室神経班研修生
2016年 Brain Camp
(Neuroscience Course, Ohio state university)参加
2017年~JAHA認定 総合臨床医
所属学会:獣医神経病学会、獣医脳神経脊椎外科研究会、日本動物病院協会(JAHA)
当院で神経科を主に担当させて頂きます。特にてんかん診療、脳神経外科(脳腫瘍摘出など)、椎間板ヘルニアに対する低侵襲治療(PLDD)などに力を入れております。神経病に悩む動物たちをお助けできればと考えております。よろしくお願い致します。

獣医師
水谷 博紀

得意とする科目:整形、神経、一般外科

どのような時も、同様に治療出来るようにスタッフ一丸となってチーム医療を行っていきます。専門分野と一般臨床を合わせて、より良い生活の為に診察させて頂きます。

2019年 The RECOVER Initiative hereby certifies 取得

獣医師
牧田 裕里子

お預かりしたわんちゃんねこちゃんの小さな変化を見逃さず、飼い主の方にも寄り添った最適な医療を心掛けております。

獣医師
田中 梨絵

技術を磨き、飼い主様の大切な家族を守ります。 些細なことでも一緒に解決していきましょう。

獣医師
佐々木 大樹

7月に分院からセンターへ配属となりました。 オーナー様と動物に寄り添う獣医師になるのが目標です。 一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。

獣医師
横山 美花

看護師
岩崎 愛女

飼い主様に安心を与え、医師が治療に専念できるよう、 看護師として出来る限りのサポートを心がけています。

看護師
剣持 綾香

看護師は獣医師と飼い主様とをつなぐ架け橋だと思っています。 何気なく飼い主様が話してくださったことを獣医師に伝え、病気の早期発見につなげたいと思っています。

2019 The RECOVER Initiative hereby certifies 取得

看護師
伊藤 千夏

飼い主様が来院しやすい環境づくりや、高度医療ならではの看護を提供できるような看護師を目指しています。

看護師
木村 里奈

言葉を話せない動物たちの声を聞き、小さな変化にすぐ気づける看護師になれるよう日々勉強しています。大切な家族を安心して任せていただけるように精進して参りますのでよろしくお願いします。

看護師
佐藤 静香