ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は肺水腫を引き起こし、呼吸困難を引き起こす疾患です。
写真は発症したワ ンちゃんのレントゲン画像ですが、陸にいながら溺れるほど苦しい状況となります。
現在一般的には、内科治療にて治療される病気です。
しかし僧帽弁の閉鎖がうまくいかない一 つの原因としては、僧帽弁の腱索というパラシュートのヒモのような部分が断裂し僧帽弁が支え られない状態となる事等があります。
その場合には、人工心肺を使用し心臓を一度停止させ、心臓の内部を修復する手術による治療が 効果的です。僧帽弁を修復すると弁の接合は非常に綺麗な状態となり、投薬も不要となることが 多いです。拡大した心臓は手術後小型化し、状態にもよりますがこの症例は正常なワンちゃんと 同等の心臓サイズまで戻りました。
当院では人工心肺を用いた開心術にて、僧帽弁を直す僧帽弁形成術に力を入れております。